短期電話代行依頼のメリット

1日だけの依頼も可能

電話代行は会社等にかかって来た電話を転送し、専門業者の許でオペレーターに代理応答してもらえるというサービスです。電話対応に十分な人員を割けない事業所、外回り営業などの主要業務に社員を集中させたい事業所などを中心に幅広い需要があります。
電話代行サービスの事業形態はさまざまですが、料金はコール数に応じた月単位の定額制を採用しているところが一般的です。つまり、1か月以上の利用を前提としているケースが主流となっているわけです。
ただ、中には1日単位、あるいは1週間単位といったごく短期間のみのサービスを提供している事業者もいます。こうした事業者は突発的なニーズにも対応できるため、非常に便利な存在であると言えます。

人員雇い入れの手間を省く

では、短期間の電話代行が必要になる具体的な場面にはどんなものがあるかというと、たとえば事務職員が病気や冠婚葬祭で休暇を取るケースなどが考えられます。また、新製品の発売直後など問い合わせの電話が一時的に増加する場合、慰安旅行で社員全員が不在となる場合などもあります。 こうした場合に電話代行サービスを利用すれば、臨時のアルバイト等を雇い入れる手間が省けるというメリットが生まれます。人員の補充には求人広告の掲出や採用面接の実施などそれなりのプロセスを必要としますが、電話代行業者に依頼すれば時間的余裕がない時でも迅速に対応してもらえます。 また、新規に要員を雇い入れるとなれば、電話対応に関するマナーの教育も必要となります。しかしこれについても、電話代行業者なら事前にトレーニングを積んだオペレーターに担当してもらえるため、高品質の対応をすぐに手に入れることが可能になります。

© Copyright Choose A Telephone Agent. All Rights Reserved.