長期電話代行依頼のデメリット

社員の電話応対能力がなかなか向上しない

顧客と接するのは対面する時だけではありません。電話を通して接することもあるので、しっかりと対応する必要があります。ただ、電話応対に不安を感じている場合は、無理に社員で対応するのではなく、電話代行サービスという手段が残されています。マナーを習得している経験豊富なプロに電話応対の一部を任せられるようになるので、不安を解消することができます。ただ、長期電話代行依頼にはデメリットがあります。3年や5年、それ以上の期間で利用しているということは、社員が電話応対を行う時間が少なくなります。そのため、経験不足によって電話応対に必要なスキルを身に付けられず、契約を終了させた場合に顧客の満足度や信頼を損なう可能性があります。

効果を正しく検証せずに契約を続けてしまう

電話代行は業務を効率化したり、売上がアップしたりといった効果に期待できるサービスなので、人員不足や売上の低迷で悩んでいる会社にとっては、導入するメリットがあります。短期間や長期間と希望に応じて契約することはできますが、長期間で導入するのであれば、定期的に効果を検証することが大事です。この作業を実施しないままでは、効果があるのかどうかわからないまま契約を続けてしまい、無駄な費用を支払う可能性があります。たとえば、1か月や3か月、半年などの期間で売上や利益、顧客数などの変化を検証し、効果や変化があるとわかった場合は契約を続けるようにしましょう。効果や変化がなかった時は、他の業者に切り替えたり、利用を中止したりといった判断をすべきです。

© Copyright Choose A Telephone Agent. All Rights Reserved.