電話代行をどこかの業者に依頼しようと思っても、一度も今まで依頼したことがなければ、どんな電話代行業者が良いのか悩むことはありますよね。ここでは、電話代行業者の選び方等を紹介していきますので、参考にして下さい。

短期間の電話代行業務

短期電話代行依頼のメリット

短期電話代行依頼のデメリット

短期電話代行依頼の費用

電話対応から社員を解放

電話代行といえば、比較的規模の小さな事業者などにおいて活用されているアウトソーシングサービスとしておなじみです。オフィスや自宅などにかかってくる電話を専門業者のもとへ転送し、代理応答してもらうというのが基本的なサービスのスタイルです。オペレーターが預かったメッセージはメールやファックスなどで報告されるので、依頼者はその内容を見た上で時間的余裕のある時に事後対応を取ることができます。 このサービスは、電話対応専門の事務員を置く余裕のない事業所などにおいて常時利用されるのが一般的です。そのため、料金体系も月間コール数に応じた1か月単位の定額制となっているケースが大半を占めます。ただ、中には1日単位、1週間単位といった短期間のみの契約を受け付けている業者も存在します。

1日限定や年末年始限定で委託できる

たとえば社員が冠婚葬祭で休暇を取ったり、研修に参加して不在になったりするなどして、一時的に人手が足りなくなることは多くの事業所でよく見られる光景です。電話代行は、こうしたごく短い期間の代行サービスにも対応しています。 短期代行の費用は業者ごとに異なりますが、1日当たりの平均的な料金は平日で5,000~7,000円、土日・祝日で8,000~10,000円(1ずれも1日20コールまでの場合)といったところです。 また、年末年始やゴールデンウィークなど、特定の時期だけの短期代行サービスを提供している業者もあります。この場合の料金はパック制となっているところが多く、最大14日間、1日100コールまでで20,000~30,000円というのが相場となっています。

© Copyright Choose A Telephone Agent. All Rights Reserved.